スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セオリーどおりでは、つまんない。
せっかくHが目的で、出会う男女なので、セオリーどおりのHでなく、

時には、アブノーマルなことに、トライしてはどうでしょうか?

恋をするとキレイになる。

よく言われることだけど、それにはコツがあります。

思いもよらない展開にドキドキしたり、ちょっとした大胆な気持ちになったり、感情を抑えられなくなっている自分に驚いたり。

程よい緊張感と、先が読めないスリル。

そんなドキドキに、人の魅力は開花します!

なにもかも、セオリーどおりなんてダメですよ。

そこでオススメするのが、「ソフトSM」です。

ふだんなら、奥様や彼女または、旦那や彼氏には、頼めないですが。

H目的の出会い系カップルなら、ちょっとした、快楽の冒険が出来るのではないでしょうか。

入り口として、入りやすい「ソフトSM」で、新たな自分を発見するかもしれませんよ。

簡単なやり方として。

■スパンキングを軽くおねだり

お尻などを叩く”スパンキンク”は、「悪い子だからお仕置きして」とおねだりです。
道具は不要。手のひらで充分です。

パチンといい音を立てるには、肉付きのいい部分を突き出すこと。
5回に1度くらいで、キスや愛撫を可愛く求めてください。

■手足を縛られ、彼に弄ばれてみる。

拘束プレイは、ネクタイやストッキング、バスローブのヒモなど手近なもので縛ることから。
手足をそれぞれ縛るほか、M字に開脚して、手首と手足を縛ってもらうと、
陵辱感がアップします。
放置や愛撫に悶絶すること請け合いですよ。

■目隠しをした彼を言葉責めに

人間の体は、痛みを快感に転化していくので、言葉責めが効果的。
聴覚を敏感にさせるべく目隠しをして
「女性:○○くんのココ、こんなにおっきくなってるよ?」
「男性:○○のココ、もうこんなにヌレヌレだよ。」
「さあ、どうしてほしいのか言ってみて?」と言葉なぶり。

■禁止のフレーズで相手を追い詰める

身体と心理。両方からの拘束がSMの基本。

目隠しや縛り上げた相手を射精やイク寸前まで愛撫し、耳元で「イッちゃダメ」と囁いて見てください。

一拍おいたら、再び性器を刺激して「まだダメ」と射精&イクことを禁止。

もだえる姿は、絶景ですよ。

以上、こんな感じです。

SMの醍醐味は、相手の欲求と空気を読んで、快感を高めることです。

SMは、コミュニケーションが取れてこその行為。
強い刺激によって、相手の欲望を引き出し合い。満たし合うのがプレイの意義です。

自己中心的な振る舞いがSというわけではありません。

初心者は、自分の傾向を知る意味でも、SとMの役割を決め、
縛ったり縛られたりしてみることから、始めてみては、どうでしょうか。



→→ハゲおっさんでも、ステキな女性と出会ってるサイト情報
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。